試用期間とは?(解雇しても大丈夫?)

試用期間とは?(解雇しても大丈夫?)

<試用期間とは?>

試用期間は会社が本採用の前に設ける期間です。会社の人事担当者は、試用期間中に能力や技能、勤務態度や性格などを見て、試用期間終了後に本採用にするかどうかを判断します。

試用期間は約1ヵ月から6ヵ月の期間が設定されることが多いですが、3ヵ月とする会社が比較的多いようです。試用期間は就業規則や労働契約書に明記することになっています。

<解雇しても大丈夫?>

Businesswoman are handing a contract

本採用にしない場合は、採用時に成立している雇用契約を終了させるため、解雇の扱いになります。

したがって、採用後の調査や勤務状態等で引き続き採用しないと判断した理由が、客観的に合理的な理由があり社会通念上相当でなければ、権利濫用として無効になります。解雇理由等をしっかりと確認するようにしましょう。

また、解雇は、30日前の予告か30日分以上の平均賃金を支払うことが義務付けられています。しかし、試用期間の最初の14日間は、解雇予告が不要とされています。(労働基準法第21条)ただし、14日を超えた場合、解雇の予告が必要となりますので注意しましょう。

 

社会保険労務士 磯辺 博孝