その解雇は有効ですか?

その解雇は有効ですか?

<懲戒解雇のケース>

悪いことをして、会社に損害を与えたり、会社の信用を低下させたときに、労働契約が解除されるケースです。就業規則に合理的で具体的な規定があること、対象者の弁解を充分に聴いたことなど、かなり厳しい条件をクリアして、はじめて解雇が有効とされます。

pixta_16939499_S

<普通解雇のケース>

パソコンに入力する数字を頻繁に間違えるというのは、明らかな能力不足です。また、昼休みが終わっても職場に戻ってこないというのは、明らかな規律違反です。このような場合は、労働契約上の債務不履行になります。会社が教育・指導をしても難しい場合には、解雇が有効とされます。

 

<自動退職のケース>

ある社員が、長い間、出勤せず連絡もとれないのは困ります。解雇の通知もできないと、幽霊社員の誕生となります。このようなことが無いように、就業規則には「連続15日以上無断欠勤し、音信不通であるときは退職とします。」といった規定を設けておきましょう。

 

社会保険労務士 柳田 恵一


<関連記事>

解雇予告の注意ポイント