フレックスタイム制の上手な活用法

フレックスタイム制の上手な活用法

<生産性向上のハズが・・>

労働者の一人ひとりが、自分の好きなときに勤務してもいいとなると、昨日も朝寝坊、今日も朝寝坊、一体いつ来るの?ということになりそうです。

そして、さっきまでいた人が、いつの間にか帰ってしまった!頼みたいことがあったのに、ということにもなるでしょう。こんなことでは、仕事が回りません。

<こうして活用しましょう!>

Multi Ethnic Arm Raised Unity Togetherness Speech Bubbles Concep

労働者が、始業終業の時間を自由に決められるというのは、会社から強制されないという意味なのです。一人ひとりが、その日の気分で変えられるというわけではありません。

出勤日と勤務時間帯は、職場内での仕事の連動をよく考えて、みんなで話し合って決めましょう。この話し合いによるコミュニケーションの強化も、隠れた効果の一つです。

そして、決めた結果は、自分の部署だけでなく、よその部署にも知らせておくようにしましょう。事務所内のホワイトボードと、ネットで共有したスケジュール表があれば万全です。

 

社会保険労務士 柳田 恵一


<関連記事>

フレックスタイム制とは?