平成28年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の変更点

平成28年分 給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の変更点

平成28年分の給与所得者の「扶養控除等(異動)申告書」の様式が変更され、変更箇所は以下の内容で記入欄が新たに追加されています。

①「給与支払者」の法人(個人)番号

②「本人」の個人番号

③「扶養親族」の個人番号

④非居住者である親族

⑤生計を一にする事実

⑥控除対象外国外扶養親族

テーマ4,H28扶養控除等申告書(1ページ目だけ使用)

上記の個人番号というのは、平成27年10月から配布が開始

family and home are drawn with chalk on a blackboard

されているマイナンバーのことです。平成28年の1月から利用が開始されますので、平成28年分の給与所得者の「扶養控除等(異動)申告書」には、「給与支払者」の法人(個人)番号のほか、「本人」と「扶養親族」の個人番号(マイナンバー)の記載が必要となります。非居住者である親族とは、国内に住所を持たない親族のことで、生計を一にする対象は、仕送りをする子どもや療養費負担をする親などを指しています。

平成28年分給与所得者の扶養控除等(異動)申告書は平成27年分と違いますので、最初に平成28年分であること必ず確認しましょう。

 

社会保険労務士 磯辺 博孝

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中