定額(固定)残業代の計算方法

定額(固定)残業代の計算方法

<定額(固定)残業代とは?>

1か月の残業代を定額で支給するものです。

基本給に含めて支給する方式と、基本給とは別に定額残業手当として支給する方式があります。

 

 

<具体的な計算方法は?>

1日8時間、1週40時間、1か月の勤務日数が22日で月給が設定されている場合を例にとります。

pixta_15987255_S

 

 

 

 

 

 

予定する残業の基準時間が30時間で、基本給+定額残業手当=20万円にしたいときは、

定額残業手当=基本給÷(8時間×22日)×1.25×30時間なので、

20万円-基本給=基本給×37.5÷176

基本給×(37.5÷176+1)=20万円

基本給=20万円÷(37.5÷176+1)

これを計算すると、基本給は164,871円となります。

定額残業手当は、20万円-164,871円=35,129円です。

164,871円の基本給の場合、1か月の勤務時間が8時間×22日=176時間なら、

30時間分の残業手当は、(164,871円÷176時間)×30時間×1.25=35,129円ですから、計算の正しいことが確認できます。

このとき注意したいのは、最低賃金です。計算結果の基本給が、最低賃金×8時間×22日を下回らないようにしましょう。

社会保険労務士 柳田 恵一