不利益変更とは?

不利益変更とは?

<不利益変更とは?>

労働条件の変更のうち、労働者にとって不利益な変更を「不利益変更」といいます。

<合意による変更>

労働契約の変更は、労働者と使用者の合意により行うのが原則です。〔労働契約法3条〕

労働者と使用者が合意すれば、労働条件を変更することができます。〔労働契約法8条〕

 

<就業規則による変更>

使用者が一方的に就業規則を変更して、労働者の不利益に労働条件を変更することはできないのが原則です。〔労働契約法9条〕

使用者が、就業規則の変更によって労働条件を変更する場合には、次のことが必要です。〔労働契約法10条〕

1.その変更が、次のような事情に照らして合理的であること。

不利益変更.jpg

・労働者の受ける不利益の程度

・労働条件の変更の必要性

・変更後の就業規則の内容の相当性

・労働組合等との交渉の状況

 

2.事業場に、労働者の過半数で組織する労働組合がある場合はその労働組合、無い場合は労働者の過半数を代表する者の意見を聴かなければなりません。〔労働基準法90条〕

3.労働者に変更後の就業規則を周知すること。

4.就業規則を作成・変更した場合は、所轄の労働基準監督署長に届けなければなりません。〔労働基準法89条〕

 

社会保険労務士 柳田 恵一