月別: 2016年7月

懲戒処分が有効となる条件

懲戒処分が有効となる条件

<法律の規定は?>

使用者が労働者を懲戒できる場合に、その労働者の行為の性質、態様、その他の事情を踏まえて、客観的に合理的な理由を欠いているか、社会通念上相当であると認められない場合には、その権利を濫用したものとして無効とする。〔労働契約法15条〕

“懲戒処分が有効となる条件” の続きを読む

寄り道と労災認定

寄り道と労災認定

<通勤災害の規定>

労災保険の適用される労働災害には、業務災害と通勤災害があります。このうち、通勤災害は通勤途上の災害です。

通勤とは主に「労働者が、就業に関し、住居と就業の場所との間の往復を、合理的な経路および方法により行うこと」です。〔労働者災害補償保険法7条2項1号〕

“寄り道と労災認定” の続きを読む

源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)とは?

源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)とは?

<源泉徴収票とは?>

源泉徴収票とは、給与・退職手当・公的年金等の支払者が、その支払額と源泉徴収した所得税額を明らかにする証明書です。

これには「給与所得の源泉徴収票」「退職所得の源泉徴収票」「公的年金等の源泉徴収票」の3種類があります。〔所得税法226条〕

“源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)とは?” の続きを読む

専門業務型裁量労働制を導入するには?

専門業務型裁量労働制を導入するには?

<専門業務型裁量労働制とは?>

専門業務型裁量労働制は、みなし労働時間制の一つです。

業務の性質上、業務遂行の手段や方法、時間配分などを大幅に労働者の裁量に任せる必要がある業務として厚生労働省令と厚生労働大臣告示によって定められた業務の中から、対象となる業務を労使で定め、労働者を実際にその業務に就かせた場合、労使であらかじめ定めた時間だけ働いたものとみなす制度です。

“専門業務型裁量労働制を導入するには?” の続きを読む