源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)とは?

源泉徴収票(げんせんちょうしゅうひょう)とは?

<源泉徴収票とは?>

源泉徴収票とは、給与・退職手当・公的年金等の支払者が、その支払額と源泉徴収した所得税額を明らかにする証明書です。

これには「給与所得の源泉徴収票」「退職所得の源泉徴収票」「公的年金等の源泉徴収票」の3種類があります。〔所得税法226条〕

<給与所得の源泉徴収票>

1月1日から12月31日までに支払われた給与等の支払金額や、所得税の源泉徴収税額が記載されます。

給与等の支払者により年末調整が実施された場合には、区分ごとの扶養親族の数や年間の社会保険料額等が記載されます。

支払者は支払を受けた者に対して、原則として、給与等の支払をした翌年の1月31日までに交付しなければなりません。

ただし、年の途中での退職者に対しては、退職日から1か月以内に交付しなければなりません。

給与所得の源泉徴収票には、税務署提出用と受給者交付用の2種類の法定様式があり、支払を受けた者に対して交付するのは受給者交付用です。

スクリーンショット 2016-06-21 13.43.38.png

<平成28年からの様式変更>

給与所得の源泉徴収票については、平成28年1月1日以後に支払う給与等に関するものから新様式となり、給与等の支払を受ける者の個人番号、控除対象配偶者の氏名と個人番号、扶養親族の氏名と個人番号、給与等の支払をする者の個人番号または法人番号の記載が必要となります。

ただし、本人に交付する給与所得の源泉徴収票については、個人番号または法人番号の記載をしません。

また、この変更に合わせ、給与所得の源泉徴収票の様式もA6サイズからA5サイズに変更となりました。

社会保険労務士 柳田 恵一