寄り道と労災認定

寄り道と労災認定

<通勤災害の規定>

労災保険の適用される労働災害には、業務災害と通勤災害があります。このうち、通勤災害は通勤途上の災害です。

通勤とは主に「労働者が、就業に関し、住居と就業の場所との間の往復を、合理的な経路および方法により行うこと」です。〔労働者災害補償保険法7条2項1号〕

<寄り道にあたる場合>

通勤の途中で通勤経路を逸脱した場合、つまり通勤経路を外れてしまった場合には、その時点から後に事故が起こっても、労災保険による補償の対象外となります。

また、通勤経路から外れていなくても、通勤を中断した場合、つまり通勤経路の途中で移動をやめてしまった場合も同様です。

もはや通勤途上とはいえないと評価されるわけです。〔労働者災害補償保険法7条3項本文〕

たしかに、会社の帰りに寄り道して映画を観たり、居酒屋で数時間飲んで帰ったのでは、労災保険が適用されないのも仕方のないことです。

88pixta_22737731_S

<寄り道として扱われない場合>

しかし、薬局で胃腸薬を買ったり、美容院に寄ったりした場合にまで、寄り道したから補償されないというのも不合理です。

そこで、日常生活上必要な行為であって、厚生労働省令で定めるものについては、必要最小限の範囲で、寄り道の間を除き元の通勤経路に戻ってからは、労災保険の補償の対象とされます。〔労働者災害補償保険法7条3項本文〕

厚生労働省令で定められているのは、日用品の購入、職業訓練、選挙権の行使、病院での治療、親族の介護などです。

さらに、ささいな行為にすぎなければ、逸脱・中断にはあたらないとされています。たとえば、公園で短時間休息する場合、自動販売機で缶飲料を買って飲む場合、手相見に手相を見てもらう場合などがこれにあたります。

 

社会保険労務士 柳田 恵一