支払金額・給与所得控除後の金額 ― 源泉徴収票の見方1

支払金額・給与所得控除後の金額 ― 源泉徴収票の見方1

<「支払金額」とは?>

「給与所得の源泉徴収票」の一番下に「支払者」欄があります。これが給与などの支払者であり通常は勤務先です。

そして、給与などの支払を受ける社員の住所欄の下にある「支払金額」欄には、社員がこの支払者から支払われる給与や賞与の年間の合計額、つまり年収が記載されています。

社員から見れば年収ですが、源泉徴収票は支払者から見た場合の表示になりますので、「支払金額」欄になります。

 

 

<「給与所得控除後の金額」とは?>

「給与所得控除後の金額」は、給与所得のことをいい、計算式で示すと次のようになります。

給与所得(給与所得控除後の金額)=支払金額(年収)-給与所得控除

ここで給与所得控除というのは、サラリーマンの必要経費にあたるもので、収入に応じた一定額を課税の対象から控除するものです。

給与所得控除額は、支払金額(年収)に応じて計算され、計算式で示すと次のようになります。

これは平成28年度の表で、平成29年度には1,000万円超で一律220万円(上限)となります。

支払金額(年収) 給与所得控除額
162万5,000円以下 65万円
162万5,000円超180万円以下 収入金額×40%
180万円超  360万円以下 収入金額×30%+ 18万円
360万円超  660万円以下 収入金額×20%+ 54万円
660万円超 1,000万円以下 収入金額×10%+120万円
1,000万円超 1,200万円以下 収入金額× 5%+170万円
1,200万円超 230万円(上限)

ただし実務上、年収660万円未満の人については、国税庁のホームページにある「年末調整等のための給与所得控除後の給与等の金額の表」という表を使って決めています。

 

社会保険労務士 柳田 恵一