休憩時間の長さと分割

休憩時間の長さと分割

<休憩時間の長さ>

労働時間が6時間を超える場合には少なくとも45分、8時間を超える場合には少なくとも1時間の休憩時間を、労働時間の途中に与えなければなりません。〔労働基準法34条1項〕

したがって、出社したらすぐに休憩、休憩したらすぐに退社というのはできません。また、8時間勤務で全く残業が無いのなら、休憩時間は45分でも良いことになります。

若いアルバイトの中には、休憩時間を減らして働きたいという人もいます。しかし、休憩には心身の疲労を回復して、業務効率の低下を防いだり、労災の発生を予防したりする意味もありますから、本人の希望で短縮することはできないのです。

では、反対に延長はどうでしょうか。実働8時間休憩4時間という労働契約でも、その休憩時間が実際に仕事から離れて自由に使える時間であれば、労働基準法違反にはなりません。ただ、そうした条件で採用を希望する人はまれでしょう。

128pixta_22271941_s

 

<休憩時間の分割>

たとえば、1時間の休憩時間を40分1回と10分2回に分けて与えることは許されます。禁煙のオフィスで働く喫煙者などは、このほうが助かります。

しかし、3分の休憩を20回与えるなど、実質的に見て休憩時間とはいえないような与えかたはできません。そこは常識の範囲内で、疲労回復という休憩時間の趣旨にそって運用することが求められます。

 

社会保険労務士 柳田 恵一