月別: 2017年1月

派遣労働者には配慮が必要です

派遣労働者には配慮が必要です

<派遣労働者に対する配慮>

派遣元は、派遣労働者に対して、計画的に教育訓練やキャリア・コンサルティングなど、キャリアアップのための措置を実施することが求められています。また、派遣先の社員との均衡がとれた待遇になるよう配慮しなければなりません。

“派遣労働者には配慮が必要です” の続きを読む

報道される「違法残業」の意味

報道される「違法残業」の意味

<労基法による残業制限>

会社は労働者に、法定労働時間の1日実働8時間を超えて働かせてはなりません。また、日曜日から土曜日までの1週間で、法定労働時間の実働40時間(特例業種は44時間)を超えて働かせてはなりません。〔労働基準法32条〕

“報道される「違法残業」の意味” の続きを読む

休職中の雇用保険料は免除になるのか

休職中の雇用保険料は免除になるのか

<社会保険料(健康保険料と厚生年金保険料)の場合には>

産前産後休業や育児休業の期間は、社会保険料が免除されます。しかし、介護休業その他の休職中の社会保険料は免除されません。また、住民税はどの休業・休職中も免除されません。

“休職中の雇用保険料は免除になるのか” の続きを読む

過去の行為について懲戒処分ができるか

過去の行為について懲戒処分ができるか

<さかのぼった懲戒処分>

過去の行為について、懲戒処分を行おうとする場合には、次のようなパターンが考えられます。

・過去に一度懲戒処分を行った行為について再び懲戒処分を検討する場合

・懲戒処分の対象とならなかった行為について蒸し返す場合

“過去の行為について懲戒処分ができるか” の続きを読む

求人広告の賃金は約束された金額か

求人広告の賃金は約束された金額か

<求人広告と労働契約>

求人雑誌やハローワークの求人票で条件を確認し、入社して最初の給与明細書を見たら、広告よりも少ない金額で計算されていたということがあります。この場合、差額を会社に請求することができるでしょうか。

“求人広告の賃金は約束された金額か” の続きを読む