半日単位の子の看護休暇と介護休暇

半日単位の子の看護休暇と介護休暇

<取得単位の変更>

「子の看護休暇」と「介護休暇」の取得が平成29年1月1日より1日単位から半日単位に変更となりました。

従来は、会社が1日単位での取得のみを認めれば合法でした。半日単位の休暇を認めるかどうかは、会社の方針に任されていたのです。

しかし今後は、従業員から半日だけ取得したいという申し出があった場合には、会社がこれに応じる義務があります。

pixta_10143079_s

 

<「半日」の意味>

「半日」とは、1日の所定労働時間の半分です。

ただし、1日の所定労働時間に1時間未満の端数がある場合には、1時間未満を1時間に切り上げた時間の半分となります。

たとえば、所定労働時間が7時間45分であれば、1時間未満を切り上げた8時間の半分で、4時間ということになります。

これと異なる運用をしたい場合には、労使協定を交わすことによって可能となります。

たとえば、夕方が忙しい職場で、午後3時までの5時間と、午後3時からの3時間を半日とすることもできます。

 

<給与計算上の注意>

半日単位の休暇を取ったことによって欠勤控除をする場合には、1日の賃金の半分ではなくて、実際に欠勤した時間分の賃金しか控除できません。

 

社会保険労務士 柳田 恵一