月別: 2017年5月

懲戒処分のバランス6(平等で公平な運用のために)

懲戒処分のバランス6(平等で公平な運用のために)

<あいまいさの残る懲戒規定>

どんなに良くできた懲戒規定にも、あいまいな表現は残るものです。しかし、これは具体的な事情に応じて、適切な結論を出すために必要なことです。

ところが、このことが解釈の幅を広げてしまい、平等で公平な運用をむずかしくしています。

“懲戒処分のバランス6(平等で公平な運用のために)” の続きを読む

労災保険が適用される通勤災害の特殊ケース

労災保険が適用される通勤災害の特殊ケース

<通勤災害とは>

労働者の通勤による負傷、疾病、障害、死亡をいいます。ここで「通勤」とは、労働者が就業に関し合理的な経路および方法により移動、往復することをいい、業務の性質を有するものを除きます。

“労災保険が適用される通勤災害の特殊ケース” の続きを読む

生理休暇についてのパワハラとセクハラ

生理休暇についてのパワハラとセクハラ

<生理休暇取得の権利>

「使用者は、生理日の就業が著しく困難な女性が休暇を請求したときは、その者を生理日に就業させてはならない」と法律に規定され、これに違反すると30万円以下の罰金という罰則もあります。〔労働基準法68条、120条1号〕

“生理休暇についてのパワハラとセクハラ” の続きを読む

タイプ別残業削減方法

タイプ別残業削減方法

<自己都合タイプへの対策>

自己都合タイプは、生活のために多額の残業代を必要とする、家に居場所が無いなどの個人的な理由で残業します。本来の勤務時間帯には、おしゃべりをしたり席を外したりダラダラと過ごしているのに、残業の時間帯には頑張っている姿が見られます。

“タイプ別残業削減方法” の続きを読む