長時間労働と医師による面接指導

長時間労働と医師による面接指導

<面接指導実施の義務>

脳・心臓疾患の発症は、長時間労働との関連性が強いとされています。

そこで、労働者数などの事業規模とは関係なく、すべての事業者には、長時間労働の労働者に対して、医師による面接指導を行うことが義務付けられています。〔労働安全衛生法66条の8〕

事業者は、長時間労働などの要件に当てはまる労働者の健康状態を把握し、適切な措置を講じなければなりません。

また、労災認定された自殺には、長時間労働だった労働者も多いという実態があることから、この面接指導の際には、うつ病などのストレスが関係する精神疾患の発症を予防するために、メンタルヘルス面への配慮も必要となっています。

 

<対象者など>

事業者は、労働者の週40時間を超える労働が1月当たり100時間を超え、かつ、疲労の蓄積が認められるときは、労働者の申出を受けて、医師による面接指導を行わなければなりません。

基本的には、対象となる労働者ご本人からの申出を受けて行うことになります。ただし、医師による面接指導の制度は、労働安全衛生法が定めたものですから、社内への周知が必要です。

また産業医のいる事業場では、産業医から該当する労働者に対して申出を行うよう勧奨することができます。〔労働安全衛生法施行規則52条の3〕

 

<面接指導実施後の措置>

面接指導を実施した労働者の健康保持のため、事業者が必要な措置について、医師の意見を聞かなければなりません。

医師の意見に基づいて事業者が実施すべき措置としては、就業場所の変更、作業の転換、労働時間の短縮、深夜業の回数の減少などがあります。

また、面接指導の結果は、記録を作成して5年間保存しなければなりません。

 

社会保険労務士 柳田 恵一