勤務中の喫煙やおしゃべりの時間にも賃金支払いは必要か

勤務中の喫煙やおしゃべりの時間にも賃金支払いは必要か

<労働時間の定義>

労働時間とは、「労働者が実際に労働に従事している時間だけでなく、労働者の行為が何らかの形で使用者の指揮命令下に置かれているものと評価される時間」と定義されます。

これは、会社ごとに就業規則で決まったり、個人ごとに労働契約で決まったりするものではなく、客観的に決められているものです。

そして、労働時間に対しては賃金を支払わなければなりません。

<喫煙やおしゃべりの時間は労働時間なのか>

それでは、労働時間の定義からすると、喫煙やおしゃべりの時間は労働時間になるのでしょうか。

使用者の指揮命令から離れ、自由に喫煙やおしゃべりを許されている時間は、労働時間にはあたりません。

しかし、本当に使用者の指揮命令から離れていれば、労働者が喫煙のために離席してもおしゃべりをしていても、使用者側である管理職の皆さんは気付かないはずなのです。

管理職の皆さんが「なんだ、またタバコか」「いつまで、おしゃべりしているのか」と不快に感じるのは、そうした労働者を指揮命令下に置いているからでしょう。

これは、使用者の指揮命令下にあって、労働時間であるにもかかわらず、使用者が喫煙やおしゃべりを黙認している時間ということになります。

したがって、喫煙やおしゃべりの時間を労働時間から差し引くこと、つまり給与計算で欠勤控除することには無理があるといえるのです。

 

社会保険労務士 柳田 恵一