カテゴリー: 人事管理

残業削減の良い例・悪い例

残業削減の良い例・悪い例

<残業削減の悪い例>

経営者が「残業は月20時間までにしなさい」「残業禁止」などと言い放つだけなのは最悪のパターンです。

上司、同僚、部下の能力不足を一人で背負いこんで、毎月無理な長時間労働に追い込まれているスーパー社員は転職を考えるかもしれません。

“残業削減の良い例・悪い例” の続きを読む

業務中に不注意でケガをした人の減給

業務中に不注意でケガをした人の減給

<業務中のケガの原因>

労災のほとんどは過失により発生し、労災を起こした本人がケガをしても、周囲の人たちからは「本人の不注意だから」と言われることが多いものです。

しかし、ここで話を終わらせず、さらに原因を追及する必要があります。これは本人の責任を明確にし、再発を防止するために不可欠なので手を抜けません。

“業務中に不注意でケガをした人の減給” の続きを読む

働き方改革と厚生労働省の概算要求

働き方改革と厚生労働省の概算要求

<厚生労働省の概算要求>

平成30年度厚生労働省所管予算概算要求関係の資料が発表されました。その中で、働き方改革に関連する戦略的な重点要求(ポイント)は、次のように示されています。

 

同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善

  • 「同一労働同一賃金導入マニュアル」の作成・周知啓発

・ キャリアアップ助成金の新たな加算の仕組み創設

“働き方改革と厚生労働省の概算要求” の続きを読む

再就職手当の手続きで注意すること

再就職手当の手続きで注意すること

<再就職手当とは>

雇用保険の失業手当(求職者給付の基本手当)の受給資格の決定を受けた人が、早期に安定した職業に就いた場合に支給されます。

「早期に安定した職業に就いた場合」には、自分で事業を開始した場合を含みます。

失業手当(求職者給付の基本手当)を受給していると、「手当をすべてもらい終わってから再就職した方が得」という気持ちになりがちです。

しかし、これでは失業手当が再就職を妨げていることになります。

そこで、再就職手当の制度により、再就職を促進しようというものです。

“再就職手当の手続きで注意すること” の続きを読む

早めに出社した場合の賃金支払い義務

早めに出社した場合の賃金支払い義務

<労働時間の定義>

労働時間とは、「労働者が実際に労働に従事している時間だけでなく、労働者の行為が何らかの形で使用者の指揮命令下に置かれているものと評価される時間」と定義されます。

これは就業規則で決めたり、労働契約で決めたりするのではなく、客観的に決まっている定義です。

労働時間に対しては賃金を支払わなければなりません。

“早めに出社した場合の賃金支払い義務” の続きを読む

会計検査院が行う調査

会計検査院が行う調査

<会計検査院の存在根拠>

会計検査院については、日本国憲法に次の規定があります。

 

第九十条 国の収入支出の決算は、すべて毎年会計検査院がこれを検査し、内閣は、次の年度に、その検査報告とともに、これを国会に提出しなければならない。

2 会計検査院の組織及び権限は、法律でこれを定める。

 

憲法に規定された組織ですから、国家レベルで重要な組織であることは明らかです。

“会計検査院が行う調査” の続きを読む

年末調整のしかた

年末調整のしかた

<年末調整とは>

会社などは、役員や従業員に対して給与を支払う際に、所得税と復興特別所得税の源泉徴収を行っています。

しかし、その年1年間に給与から源泉徴収をした所得税と復興特別所得税の合計額は、必ずしもその人が1年間に納めるべき税額とはなりません。

“年末調整のしかた” の続きを読む

やむを得ず解雇を検討するときのチェックリスト

やむを得ず解雇を検討するときのチェックリスト

<解雇は無効とされやすい>

会社が社員に解雇を通告しても、それが解雇権の濫用であれば無効になります。これを不当解雇といいます。解雇したつもりになっているだけで、解雇できていないので、対象者が出勤しなくても、それは会社側の落ち度によるものとされ、賃金や賞与の支払義務が消えません。会社にとっては、恐ろしい事態です。

出来てからまだ10年も経っていない労働契約法という法律に次の規定があります。

“やむを得ず解雇を検討するときのチェックリスト” の続きを読む

ダブルワークをしている従業員の源泉徴収

ダブルワークをしている従業員の源泉徴収

<主たる給与と従たる給与>

ダブルワークで2つの会社から給与をもらっている人がいます。

この場合には、その人に支払う給与が主たる給与になるか、従たる給与になるかの確認が必要です。

主たる給与とは、税法上は「給与所得者の扶養控除等申告書」を提出している人に支払う給与をいいます。

そして、従たる給与とは、主たる給与の支払者以外の給与の支払者が支払う給与をいいます。

“ダブルワークをしている従業員の源泉徴収” の続きを読む

賞与に対する源泉徴収の原則と例外

賞与に対する源泉徴収の原則と例外

<賞与の定義>

賞与とは、定期の給与とは別に支払われるもので、賞与、ボーナス、夏期手当、年末手当、期末手当等の名目で支給されるもの、その他これらに類するものをいいます。

なお、次のようなものは賞与に該当するものとされます。

“賞与に対する源泉徴収の原則と例外” の続きを読む