カテゴリー: 勤怠管理・就業管理

従業員に与えなければならない休憩とは?

従業員に与えなければならない休憩とは?

<必要な休憩時間>

実働時間が6時間までは、休憩が要りません。

6時間を超えたら45分以上、そして、8時間を超えたら1時間の休憩が必要です。ということは、きっちり8時間労働で、残業も無いのならば、休憩時間は45分で良いのです。 “従業員に与えなければならない休憩とは?” の続きを読む