カテゴリー: 有給休暇

正社員登用と年次有給休暇

正社員登用と年次有給休暇

<繰り越しか消滅か>

退職金の請求権は5年間、その他の請求権は2年間で時効消滅します。〔労働基準法115条〕

パート社員などを正社員に登用した場合、登用前に持っている年次有給休暇も、発生してから2年間で消滅します。正社員登用と共に消滅することはありません。

“正社員登用と年次有給休暇” の続きを読む

時間単位の有給休暇

時間単位の有給休暇

<年次有給休暇の取得(消化)促進>

労働者の心身の疲労を回復させ、労働力の維持を図るための年次有給休暇は、その取得率が50%を下回る水準で推移しています。

こうした現状を踏まえ、有給休暇取得促進のため、1日単位にこだわらない取得が認められるようになってきています。

“時間単位の有給休暇” の続きを読む

会社が有給休暇の希望日を変更できるのは?

会社が有給休暇の希望日を変更できるのは?

<従業員の時季指定権>

会社は、従業員が請求する「時季」に、有給休暇を使わせなければなりません。請求する「時季」というのは、請求する日という意味です。海外では、長期休暇をとる場合が多いので、日本の法律でも「時季」という言葉が使われます。 “会社が有給休暇の希望日を変更できるのは?” の続きを読む